まったり日和

geechan.exblog.jp
ブログトップ

やさしい光

         5月も終わろうとしています
         ここのところ松江は最高気温が20度前後で
         夜になると肌寒いほど

         そんな昨夜
         宍道湖沿いの「松江イングリッシュガーデン」で開催されている
         『ローズライトフェスティバル』に出かけて来ました

         ライティング担当が
         六本木のクリスマスイルミネーション・表参道ヒルズの照明などで知られる
         内原智史氏ということで
         (「松江水燈路」も彼のプロデュースらしい)
         ワクワクしながら門を入ったところ

f0063208_1781688.jpg


         その光は
         暗闇の中でひっそりと息をひそめ
         眠りにつこうとしている植物たち
         ひたすら朝の光を待つ植物たち
         その静寂を
         決して邪魔することなく
         やさしく穏やかにそして見事に照らし出していました


f0063208_20564917.jpg 

内原氏のコンセプトは
ものではなく本質を照らす」というもの

すべてのライティングが
期待を裏切らない
とても素晴らしいものでした


←これなんて、絵画のような美しさじゃない??


         

f0063208_2195446.jpg        

         3年前に閉鎖されてしまった
         「ティファニー美術館」の
         置き土産のようなこの庭園ですが
         季節ごとに美しい花が咲き
         松江の片隅の田舎町を彩ってくれていて
         私のとても好きな場所のひとつです
         
         このイベントは
         6月12日まで(金・土のみ 19:00~21:00)
         開催されています
         近くの方は是非立ち寄って
         ホンワカしてくださいませ~!

  f0063208_22224643.jpg
[PR]
# by geechan | 2010-05-29 21:34 | 植物

小さな「いのち」が輝いたとき

        ガーベラ、デルフィニューム、かすみ草、カーネーション・・・
        それと庭で満開を迎えた梅の花・・・
        色とりどりの花に包まれたぎーちゃんは
        まるで静かに眠っているかのようでした

f0063208_0453069.jpg


        まだ春も浅い3月始め
        ウチの家族として生活を共にしてきた猫のぎーちゃんが
        11歳の誕生日を前に天国に旅立って行きました

        数年前
        感染症(不治の病)にかかっていることがわかり
        長生きはできないと言われていました

        そしてここ2年の間に手術を2回
        あとは毎月数回の点滴と注射
        年が明けてからは流動食を飲むことで
        何とか命をつないでくれていました

        どうか苦しまずに旅立ってくれるようにと
        そのことだけを祈りながら
        日々過ごしていたさなか
        最期の日はあっけなく突然にやって来ました
        苦しまずに逝ってくれたことには胸をなでおろしましたが・・・

f0063208_4564153.jpg

家に閉じ込められ
大好きだった散歩にも行けなくなり
たびたび痛い思いを強いられ
果たしてぎーちゃんは幸せだったんだろうかと
        

        
        その日からしばらくは
        そんな思いばかりがグルグルと頭の中をかけめぐり
        メソメソしながら気力のない日常を過ごしていました

        2週間ほど経ったある日
        ふと目に止まったのが
        NHKで放映されている「プロフェッショナル」という番組
        「どんなときでも、命は輝く」というタイトルの中で
        訪問看護師 秋山正子さんは

        『死と直面している人と接するときには
        目の前の現実と向き合い
        共に喜びを見つけることが大切

        そして日々の暮らしの中で
        衰えていく中にも「輝くこと」はたくさんあり
        その「最期の命の輝き」を見出すことで
        本人も周りの家族もその時点での幸せを実感できる』
                       と、優しい言葉でしみじみと話しておられました

        そのときハッと思い出したのが
        ぎーちゃんが亡くなる前日のことでした

        だっこされるのを嫌い
        スリスリもすることのなかったぎーちゃんが
        甘えるときにするしぐさ
        私の頬に自分の手でそーっと触れ
        とても穏やかな微笑んだような表情で
        「にゃ・・にゃ・・」と
        何か語りかけてきたのです

        そのときは
        「どうしたの?」と言いながら
        わけもわからず見過ごしていましたが

        今思えば
        
        「いっぱいいっぱい愛してくれてありがとう
        もうすぐお別れしなきゃいけなくなったけど
        ボクはとても幸せだったから
        どうか悲しまないで・・・」
                   
        ぎーちゃんはきっとそう言いたかったんだ
        精一杯の「お別れのあいさつ」がしたかったんだ
        
        あのときこそが 
        ぎーちゃんが「最期に輝いたとき」だったんだ! 
        
        そう思ったとき
        重くのしかかっていたものがどこかにスコーンと飛んで行ったようで
        本当に心が救われた気がして
        涙が止めどなく流れました

f0063208_527579.jpg


        あれから約1カ月が経ち
        気持ちもずいぶん落ち着いて

        手を伸ばせばそこにあったぬくもりがなくなったことに
        時々淋しさは感じながらも

        病気と闘いながらも
        最期まで小さないのちを輝かせ
        キラキラした瞳で逝ったぎーちゃんに
        恥ずかしくないように
        私も頑張らなくちゃ
        なんて思えるようになりました

        天国にいる大好きだったばぢと出会って
        一緒に春の野原を散歩したりしてるといいな
        なんて・・・
f0063208_17524386.jpg


      

春 到来!
[PR]
# by geechan | 2010-03-30 17:44 | ペット

神戸の休日

       オードリーヘップバーン主演の「ローマの休日」は
       とても好きな映画のひとつですが
       王女ではなく「ぐうたら主婦」の私は
       掃除・洗濯・炊事を離れ
       今月の始め神戸に赴き
       2日間の楽しい休日を過ごして来たのでした

f0063208_15154325.jpg
 

 
 初日の夜は「ルミナリエ」へ
 
 人・人・人の行列を蛇行しながら
 小1時間歩いたあと
 やっとこのアーチの入り口に辿り着き

 そこを抜けると
 ↓ このお城のようなイルミネーションに
         到着~!!





f0063208_15113780.jpg

       「神戸ルミナリエ」は
       13年前の「神戸・淡路大震災」の
       犠牲者の方々追悼と街の復興のために
       開催されるようになったそうですが
       今や神戸の冬の風物詩として全国的に有名になっています

       「やっぱ松ナリエとは規模が違うね~。」
       (当たり前だけど!)
       などと話しながら
       楽しい時間は過ぎていきました

f0063208_153228.jpgf0063208_15323091.jpg
 







       そして2日目は
       以前から行きたかった
       ポートランドの「IKEA」へ

f0063208_15402440.jpg
  ショッピング大好きおばさんの私は
  ファブリック・雑貨など
  あれこれ購入して
  テンションは最高潮でございました♡

       (帰宅後それらにくるまれ眠る
            新しいもの好きな「をね」→)


f0063208_1533171.jpgf0063208_15331278.jpg 
       





       
              あとは
       以前から好きな
       元町の「スタバ」でお茶したり

       バイキングでお腹一杯食べたり
      
       ラジバンダリ~!←(わかる人だけわかってください)

       2日間の現実を離れた休日は
       何だかストレスたまって鬱々していた
       私の心を
       ルミナリエのイルミネーションのように
       ピカピカにしてくれました

       忘年会で大忙しの毎日を過ごしながら
       何も言わず快く私を送り出してくれた相方に
       感謝しつつ

       今年もあとわずか
       残された日々を
       充実した毎日にしなくては…
       と、心に誓う管理人でした       

f0063208_1683635.jpg             

落款
[PR]
# by geechan | 2008-12-14 16:26 | その他

食欲の秋

f0063208_140065.jpg

       昨夜は
       以前から数回に渡り予約を断られ続けていた
       出雲市の「味工房まつしま」さんに
       念願叶って行って参りました

       小伊津の「甘鯛」をふんだんに使った料理を堪能できるとのことで
       ワクワクしながら店内へ

f0063208_1453553.jpgf0063208_1455195.jpgf0063208_1461522.jpg
            





f0063208_1462872.jpgf0063208_1464173.jpgf0063208_1465629.jpg






f0063208_147842.jpgf0063208_1472196.jpgf0063208_1473565.jpg






f0063208_1474873.jpg
 
 以上10品のお料理
 これがなんと!3000円のコース!!
 盛り付けもキレイで上品な味付けで
 とても美味しく頂きました!


       同行したRちゃんも私も大満足だったのですが
       野郎たち(久々に会った天神のに~さんと相方)は
       「女子供の好む料理だな」などとほざいたあげく

       に~さんには
       「お腹いっぱい~♪・・・と言いながら食べ続けるから
           おめえはそのざまなんだ!」
       とののしられたりもしましたが

       そんなことはおかまいなしで
       きれいに完食~!!

       気心の知れた仲間と
       美味しいものをお腹いっぱい食べて
       至福のひとときを過ごした楽しい秋の一夜でした

f0063208_2194131.jpg

               最後にドド~ンと甘鯛ー!!
                       (これは別注です)


       

 
[PR]
# by geechan | 2008-09-29 02:32 | グルメ

彼岸花

       「暑さ寒さも彼岸まで」といいますが
       このところすっかり涼しくなりましたね~

       先日久しぶりに家の近くを
       猫のをねを連れ立って散歩しておりましたところ
       群生する「彼岸花」に遭遇いたしました

f0063208_1972239.jpg


       この「彼岸花」は別名を「曼珠沙華」といって
       秋のお彼岸になると姿を見かけます

       燃え立つような赤色で
       凛として空を見上げて咲いている
       この彼岸花を見ていると
       
       自分たちの出番を土の中でじっと待ったあと
       短い命を生きるさなか、精一杯の力で
       「お彼岸ですよ~!」
       と知らせてくれているような気がして
       
       思わず
       「キミたちは偉いよね~…。」
       などとつぶやいていた私。

f0063208_20153783.jpg 

 コスモスの花も咲き始め      

f0063208_20152462.jpg
 
 
    


     空もすっかり秋色です




 

f0063208_19252097.jpg

 
 久しぶりの散歩に大はしゃぎの
                をねちゃん






       美しい自然の中
       美味しい空気をたくさん吸い込んで
       
       小さな幸せを感じた秋の午後の管理人でした
      
[PR]
# by geechan | 2008-09-27 20:33 | 植物

松江発有名人

       9月に入り
       夜になると虫たちが合唱する声が耳に心地よく
       そよ吹く風もすっかり秋めいてきました

       さて
       私の在住している松江市は
       とりあえず島根県の県庁所在地ではありますが
       ご存知のとおり
       全国レベルから言うとかなりの田舎町です

       今まで当市出身の有名人と言えば
       時々「磯料理やまおか」にも顔を出してくださる
       俳優の佐野史郎さんが筆頭に挙げられておりましたが

       ここに来て
       テニス界に新星のごとく現れたのが

f0063208_2038695.jpg


       錦織圭くんですね~!
       彼は国内では「テニスの王子様」と呼ばれ
       また海外では、そのしなやかな身体の動きから
       「Air KEI」などと呼ばれ、崇められているのです

       若干18歳にして
       北京オリンピックでは今ひとつ実力が発揮できなかったようですが
       只今開催中のUSオープンでは
       第4シードの選手を破って
       ベスト16まで勝ち上がるという快挙をやってのけたのです!
       (これは日本人としては71年ぶりとのことらしい!)

       こんな田舎町から
       世界レベルのテニスプレイヤーを輩出したということで
       みんなビックリ大騒ぎなのです
       我家でも

       (1)親子3人(相方以外)が圭くんと同じテニススクールでテニスを習っていた
       (2)娘と圭くんのお姉ちゃんが同級生
       (3)当時(10年位前)からスクールではこの姉弟はウワサになっていた

       などの理由で
       (直接は全く関係ないのですが)
       大盛り上がりなのです

       10年前にはS大テニスサークルで「お蝶夫人」と呼ばれていた私。
       スポーツの秋を迎え
       私もここらで華麗にコートに復っ活~っ!!
           などともくろんではみたものの

                 ―この10年で体重は見事に10㎏増加
                    日頃の運動不足のせいで足腰も弱り
                        転んで骨でも折った日にゃあ
                             「骨粗鬆症」で再起不能…―

       などという笑い事じゃない妄想が頭をよぎったので
       準備運動を怠たることなく
       ぼち・ぼち・取り組んでみようかなあ
       などと思ってみたりしている
       初秋の夜長の管理人でした
[PR]
# by geechan | 2008-09-04 21:10 | スポーツ

鍛錬の美


       日々ボーっと過ごしておりましたところ
       いつの間にやら半年の月日が流れており
       ビックリするやら
       何とやら…

       ほぼ全国的に梅雨も明けたことですし
       このあたりでいい加減覚醒しなくては
       すっかり世の中から取り残されてしまうのでは…と
       久々の更新を決意したような次第です


f0063208_17482923.jpg
連日の猛暑で
少々バテ気味の私ではありますが
昨夜は友人2人と
「狂言鑑賞」に出かけて参りました

この日のために
3人で「能楽講座」にも通い
気合モリモリでで臨んだ公演でしたが

その甲斐あって
十分に楽しむことができました


―野村萬斎「三番叟(さんばそう)」―
〈 島根県民会館HPより 〉
       
      
        「狂言」といえば、喜劇=笑い
       普遍的で素朴な「笑い」の中に
       自分が素直に溶け込んでいたことが
       不思議でもあり
       
       電化製品も車も何もなかった
       古きよき時代の中
       野外でこのような娯楽に興じている人々の姿が
       浮かんでくるようでもあり

       日本古来の伝統文化に触れることができて
       本当に感慨ひとしおでした

       でも、何と言っても
       一番印象的だったのは
       野村萬斎の「美しさ」と「身のこなし」でした

       「立ち姿」ひとつとっても
       本当にスキのない美しさで
       おばちゃん、すっかり魅了されちゃいましたわ~!
       
       これぞプロの技!
          萬斎さまぁ~!!


       って感じでございました

       
       夏はこれからが本番!
       
       身体も心もすっかりぐうたらになっていた私に
       萬斎さまの磨かれた「鍛錬の賜」を観せて頂いて

       「暑さに負けず
            身体を鍛えねば!!」
                 と、心新たに思う管理人でした
[PR]
# by geechan | 2008-07-19 19:15 | その他

真冬の散歩道

       昨日は大寒
       まさに冬真っ只中です
       2月4日の立春まで
       今が一年で一番寒さの厳しい時期なのだそうです

       さて
       我家の猫たち
f0063208_21482994.jpgf0063208_21492292.jpg
ぎーちゃん&をねちゃんは


       昨年9月に「散歩の友」愛犬ばぢを失ってからも
       依然として散歩が大好きで

f0063208_21575778.jpg

       時々このように↑
       玄関のドアに貼りついて
       しつこく「散歩コール」をします

       寒さの合間の
       春を思わせるような先日のポカポカ陽気の日
       久しぶりに2匹を引き連れて
       いつもの散歩道に出かけました

f0063208_2235570.jpg
 
さざんかの薄桃色や


f0063208_2241625.jpg
 
南天の鮮やかな赤色




f0063208_2244637.jpg
ふくらみ始めた梅のつぼみを
眺めながら

f0063208_2221910.jpg


      青い空と
      澄みきった空気の中

      そう遠くはない春に
      思いをはせ

      真冬の散歩を
      楽しんだ管理人
      &猫たちでした



f0063208_2221186.jpg

かたや 
張り切って散歩に同行した相方ですが
日頃の自己中心的な溺愛っぷりがたたり
猫たちに見向きもされず
(呼んでもひたすら逃げられていたようです)       
身も心も寒くなってしまった様子でした

     「寒空に  呼べど叫べど  我声は  
          届くことなく  こだまするばかり」
 (字余り)
                            《 相方哀愁の一句 》


       【 おまけ 】
          初動画です!
       
     (注)グレーの生き物はほぼタヌキに見えますが、猫(をね)です




[PR]
# by geechan | 2008-01-22 22:38 | ペット

新年のごあいさつ

       あけましておめでとうございます
                 
                 
f0063208_21403673.gif


       昨年は
       痛い思いをしたり
       悲しい訣れがあったりもしましたが

       それ以上に
       楽しいこともたくさんあった年でした

       たくさんの「新しいステキな出会い」があり
       改めて「感謝の心」を教えられた一年でもありました

       そして
       そのたくさんの「感謝」とともに
       新しい年を迎えられたことに

       またまた感謝です!!

       
       今年もよろしくお願いいたします!

       
[PR]
# by geechan | 2008-01-01 00:00 | 日常

今年最後のイルミネーション

       今日は社会人の方は「仕事納め」の日ですね
       ついに今年も残すところあと4日となりました

       (クリスマスは終わりましたが)
       宍道湖のほとりを走る湖北線沿いに
       イルミネーションのとてもキレイなお家があるというウワサを聞きつけ
       車を走らせて行って参りました

       すると
       道路から少し入った住宅街に
       忽然と現れたこの景色と人だかり!!

f0063208_16445061.jpg

       「うわあ~!「←入口」の文字も光ってる~!!」
       なんて歓声をあげながら車を降り立ち
       さっそく中へ

       すると
       まず目に入ってきたのが

f0063208_1645927.jpg

       この「松ナリエ」の文字!!
       
       なに~っ!松ナリエ~!?
       松江版ルミナリエってこと~!?

       
       このいかにも田舎げな発想と
       まるで「ちょっとお洒落をした村祭りのお飾り」みたいな
       文字のゆがみ具合に
       立ち止まって思わず大爆笑…

       その後       
       さらに中へ入ってみると

f0063208_1645319.jpg

       そこは個人のお宅の庭とは思えない
       美しい光の競演
       パラダイスだったのです
       
f0063208_16455341.jpg

       このイルミネーションは
       もともとは、ご主人が松江市役所退職後
       息子さんがお嫁さん候補の女性を連れて来られる際に
       自宅の庭を飾りつけて       
       サプライズプレゼントをしようと思って
       始められたのだそうですが

       その後どんどんエスカレートして
       今や松江では知る人ぞ知る
       イルミネーションスポットになっているとのことです

       入口には
       「どうぞ御自由にお入りください」の文字もあり

       この世知辛い世の中で
       こんなステキなエピソード付きの
       「松ナリエ」に行って

       年の終わりに
       心がほっこり温かくなった管理人でした

       《 おまけ 》
f0063208_16461143.jpg

       
       松江城の上には「松江開府400年祭」の文字が…
        まさに、郷土を愛する
          (元)公務員の鏡!!


       12月31日まで点灯は続けられるそうです
                (6:00~9:00の間)
       お近くの方は一見の価値あり!です 



[PR]
# by geechan | 2007-12-28 18:08 | 日常